ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

変更に強いタスク管理がいいタスク管理

タイトなのはダメ、ということかな?

入れ換え化、というのも大事だし、予定は変更されるのが当たり前だ、みたいなのを本を読んで感銘を受けています。

 

 非プログラマなのに、こんな本を読んでいていいのでしょうか。いいのです。

まったくコードが出ないそうなので。

つまり、プログラマーが考えている設計思想を、そのまま書いているだけ、というとんでもない代物ではないか? と推測しながら読んでいるわけです。

 

なるほど、スケジュール管理も、言ってみれば設計しているわけか。

安全マージンを取るだとか、代替案を出すだとか、覚えやすくするだとか。簡単なほうが繰り返しやすい、という当たり前のことに気づかないのが低スペッククオリティー。

それはそうと、読書する、というタスクが追加されているのだけど、それをこなす時間は確保されているのでしょうか?

 

follow us in feedly