読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

触発される、読書

読書してます。

 

ブログを10年続けて、僕が考えたこと

ブログを10年続けて、僕が考えたこと

 

読みながら、ブログを書くというどっちかにしなさい、と怒られるパターン。

自分にとって当たり前をブログにしなさい、とかいう指南になりそう。

クラスタなんて概念が生まれた、自然発生した感覚か。

じゃあ、自分はコミュ症クラスタ? そりゃないな。

自分はツイッターは見る専門になりがち。書く経験値が圧倒的に足りない。

何に対して足りないの? 目標があるでもなしに。

ブログの報酬は何か、となると書くノウハウの蓄積と読者。

ブログをゲームにしてしまうと、数字を追いがちだが数字をみると負ける。

書くノウハウの蓄積は、そこから昇華する可能性がある。

書くのが好き、伝えるのが好き、という特性があったほうがブログは書きやすいのか。

なら、口下手、書くのが下手な自分は、どういう価値がブログにこもるんだろう。

口下手なら口下手なりに趣味で書く、という行為はアリなのか。

読者はよほどの善人か。

ブロガーの条件、自分ならブログを読む人がブロガーかな。観客が主役ってことで。その定義でいうと、自分はブロガーじゃない。動画投稿者だ。

頼まれたわけじゃないのに動画作ってるんだから。また、動画をよく見てるし。

アクセス数が目標足りえるか、という問題。

動画は再生数ってのがあるけど、コメントもあるんだよね。肯定的なコメントもあるけど、難点を指摘するものもある。

好きで作ってるんだけど、なんか怖い、というイメージがあったりする。

未だ、視聴者が味方って感じじゃない。

それは、批判を受けないレベルというのがどこかにあって(あるいは対応できるレベル)、その水準以上の作品を作らなくてはいけない、という観念があるから。

 

タブー、あるいは信念。書くのに自分を縛る制限、というより、快適に続けるための読者の選別、ふるい落とし。こういう人に読んでもらいたい、という発想はあっていい。

 

発信すると、反応が得られる。それは同じクラスタからが望ましい。

この辺は、同じクラスタが何を指すのか、自分では体感していないから表現しにくい。

 

と、途中で書くのを止めてしまった。やっぱ、読むのと書くのをいっぺんにやるのは集中力がいるな。

follow us in feedly