ボカロとマイクラが好きな、聴くブログ

ボカロとマイクラが好きな雑記ブログ

follow us in feedly

タイトルだけで読んだ気になる

書を捨てよ町へ出よう、という言葉は有名だけど、じゃあ読んだことあるのか?そうでもない。

 

そこで、読書感想サイトを開いて感想を読んでみたけど、一時代を象徴している、というだけで、現代に通じるものではないらしい。そういう感想。

 

それはそうと、くまみこ、みたいに町に出ること自体が一種のイベントになる場合はどうなんだろう。コミュ症でも大丈夫かな?

たぶん、時代的にそういう話題は出てこないだろうけど。

 

ついでに、アマゾンの感想も読んでみる。

ああ、これは良くないものだな、という感想。

まさか、キンドル版になって、この本自体が売れない存在に成り果ててしまった、という感慨はあるかも。

書物は、それ自体が財産だった、という価値観はあったのだろう。

それが、データだけのものになるとは。

 

書を捨てよ、町へ出よう 角川文庫
 

 

follow us in feedly